とぴうお

ピアノ弾き語り・ボーカリストのとぴの日記

歌うことと植物とハムスターが大好き。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
TWITTER
LIVE STREAMING
MUSIC
ボーカルカバー


ゲストボーカル
CONTACT
こちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
CATEGORY
ENTRY
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHER


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
ブログ移転します

http://tobiuotopi.com/

 

JUGEMさんには長い間お世話になりましたが…

色々コンテンツを増やしたかったのでワードプレスにお引っ越ししました!

旧記事もきちんと引き継げたみたいで一安心。

 

 

そして最後に今日上げたカバー動画をそっと置いておきます…

(新ブログで記事かくよ)

: blog : 19:27 : - :
近況報告

 

ご無沙汰してます。とぴです。

 

この度、もう戻らないかなあと思っていた音楽活動を再開しようかなと思いまして、

2年ぶりに舞い戻ってきました。

Twitterで反応くれた方々、お久しぶりなのにありがとうございます!♪

 

就活が終わったところで更新がストップしていました。

その後社会人生活が忙しくなって音楽活動どころか歌うことすらなかなかできずにいたのですが、

自分の好き放題にやれるような期間が刻々と少なくなっていき

デザイナーとか、歌手とか、芸術の道に進んだ学生時代のトモダチの近況報告を聞くたびに胸がざわついて

本当にこれでいいのかなあ、このままいったら後悔しそうだなと思うようになりました。

 

2年前の就活の記事にも書いたように、音楽についてはモヤモヤとすることころがあって

正直一時期Twitterのアカウントを見るだけでも嫌悪感抱くくらい、過去を否定してた時期もありました。

 

でも、社会人になって「とぴ」じゃない自分としていろんな方と接する中で、

簡単な弾き語りをするだけですごく驚いてくれる人がいたり

歌わなくても側にいてくれる周りの人がいたり

一つ一つの温かい出会いにすごく勇気をもらって、久しぶりに自分の過去の作品を聞いたときに

また穏やかな気持ちで自分のペースで活動できるかもと感じたので、もう1度「とぴ」の名前で再開することにしました。

 

大学生じゃないし、本業もあるからどこまでできるかわからないけど

まずはできるところから(スマホができて、配信も本当に簡単にできるようになりましたね〜…)

とにかく楽しくをモットーに音楽していきたいです!

 

**

先日、思い切って防音仕様の部屋にして、パソコンを買いなおして、ボーカルスクールのレッスンを受けました。(笑)

環境作りがエイヤでできるのも大人の特権。。!

 

: blog : 21:10 : - :
『学生時代頑張ったことは音楽活動です。』から抜け出したい

少し真面目な話。そして長いお話(笑)

就活でよく聞かれるお決まりの
「あなたが学生生活で一番力を注いできたことは何ですか?」という質問があります。


私はその質問に対して、
自分が「歌ってみた」の領域から飛び出して初めてプロの方々と一緒にお仕事をさせて頂いた、ラブカレンダーのプロジェクトの話をしていました。
勿論人と被らない自分だけのエピソードで面接官の方に興味を持ってもらいやすいからという理由もあったのですが、やはり自分にとって大切な経験だったからです。

ただ、話をしている際ずっと苦しかった。
内容は盛っていなかったし、挫折経験もそれを乗り越えた経験も嘘じゃない。
今の自分を考えても、間違いなく一番自分にとっての転機であったこの経験ですが、正直この話をして「すごいね」と面接官やグループ面接で知り合った子から言われることが辛かったです。
(これは就活に限らず、誰かに自分の趣味を話す時にいつも生まれる小さな葛藤でした。)

勿論普通に大学生活を送っていて、自分の歌が収録されたCDが店頭に並んだり、大きな会場でライブをする機会を頂けたことは、非常に貴重な経験でした。アマチュアで知名度もそこまでない私をボーカルとして起用する決断をして下さった方々にはどんなに感謝しても足りないくらいです。

でも、今だから言えるのは最後まで「乗っかっている」状態から脱せなかったということです。

ボーカリストとしての起用だったため、私のすべきことは曲の世界観を、歌にして伝えること。
批判されるのを承知で書きますが、
要はオリコンチャートが何位だろうが、再生数が何回だろうが、CDショップに並ぼうが、その実績は私の生み出したものじゃないんです。
勿論、このプロジェクトで私のことを初めて知って下さった方も沢山いて、それは凄く嬉しかったです。でもそれは曲の力があってこそのもの。
そして何よりもこのような感情を抱いてしまうということは、自身の音楽に対する向き合い方として、どこか不完全燃焼だということに気がつきました。

大学にだって私より歌の上手い人は沢山いる。弾き語りをやるようになってからはライブハウスに出入りするようになり、そこには更に上手くて、伝えたいことがあるキラキラ輝くアーティストやミュージシャンがいた。

実際は声量が少しあって歌声がちょっと特殊で、運がとっても良かったただの大学生。そんな自分が
「結構きちんと音楽をやっていて、歌うことがアイデンティティの女の子」として周囲に認識される(少なくとも私はそう感じた)
度にひねくれ者の私は違和感をずっと感じていました。就活はじめる前からも、ずっとずっと。

そして就活を経験して尚更「本当は私、あなたが思っている程、全然凄くないです」って言いたくてたまらないのに自分のことを売り込まなくてはいけないという苦しみを味わいました(笑)

と同時に、私が常日頃抱える自信のなさとか、もやもや感は音楽でしか解決できないことにも気がつきました。

大学のゼミは二年生からずっと続けており、選抜メンバーに選ばれたこともあります。半年の長期のインターンシップをベンチャー企業で経験した際は、ヒアリングのスキルを上司に褒められて新規のプロジェクトを一人で任せて頂けました。就活では憧れていた企業から内定をもらえ、納得のいく成果を出せました。

でも、やっぱりもやもやは消えませんでした。
漠然と音楽に関して今の自分に納得がいってない、そしてそれは他のもので埋め合わせできるものではなく
堂々と「私は歌が趣味なんです!」って自信をもって言えるようになることがわたしという人間にとって一番大切なことなんだと実感しました。

「歌ってみた」なのか「シンガーソングライター」なのか「ボーカリスト」なのか、どんな形で実現できるかは正直わからないです。
私はシンガーソングライターに憧れるけど、どうしてもオリジナルの弾き語りに挑戦しようとしても頓挫してしまうのは、どうも「自分の気持ちを正直に伝える」ことに対しての恐怖があるのかなと思っています。
(勿論根本で作詞が苦手、嫌いというのもあるかもしれないのですが…)
実はこの記事も結構私に取っては挑戦だったり(笑)
だって2年前のブログ読んでいてもキレイゴトしか書いてないもんね。

「自分の本音や弱いところをさらけ出すことは、誰かから批判されたり笑われたりすることに繋がるから怖いけど、その代わりに同じ境遇や価値観を持つ人に伝わる。」
私が就活で様々な方と出会い、お話をさせて頂いた中で学んだことです。
少しずつ、少しずつ取り入れていきたい。

私は自分の歌で100人を救ったり幸せにできるなんてこれっぽっちも思っていません。
きっとそれらは私が今までお話してきた素敵なミュージシャンの方が実現してくれます。
でも、弱くて情けなくて自信もなくて踏み出せなくて音楽に対しての気持ちをこじらせている私の歌とか日記だからこそ、同じように苦しんでる人がいたらその背中をちょっとだけ押すことができるのかもしれない。それは一人でも全然良くって。

いつか過去のあれこれではなくその瞬間の自分で「歌が趣味です」と言えるようになれたら良いなあと思ってます。まだまだ苦労するだろうけど。


はー長くなってしまった。w
長々と読んで下さり本当にありがとうございます。

素敵なGWをお過ごしください*\(^o^)/*
: blog : 01:33 : - :
就職活動完了。

先日、冬から続けていた就職活動が終わり無事進路が決まりました。



長かったのか短かったのかはよくわかりません。
ただひとつ言えるのはかけがえの無い時間を過ごせたなぁということです。

小さい頃からの自分の行動特性を見て自己を知ったり、
沢山の社会人にお時間を頂いて話を聞きにいったり、
真正面から向き合いすぎて本当に苦しくなった時もあったけれど
(もっと気を抜いてやっても良かったかも知れないと少し思うw)
ずっと憧れていた企業さんから内定を頂くことができました。

就職活動を通じて知ったことは沢山あるけれど、
やはり「人の温かさ」を一番感じました。

お忙しい中時間を割いて入社するかもわからない知らない後輩のために
色々と相談をのって下さる社会人の先輩、
潰れそうになった時に一緒に泣きながらお酒を飲み(笑)
話を聞いてくれた友達、
一人で生きていないし、生きていけないです、私は。
本当にありがとうございました。

「あなたにとっての就職ってなに?」
そんな問いを企業さんに投げかけられた時に私は、
「沢山ある自分を好きになるための手段のうちの1つです。」
と答えていました。

私はあまり人のために動けない人間なんです。
だからいつも助けられてばかりで、助けてあげられてるなって感じることはあまりない。
いつも自分のことでいっぱいいっぱい。

だから仕事や、時には音楽を通じて自信をつけることで余裕のある人間になって、
今まで助けてもらってきた分を誰かに返せるようになりたいです。
そして私もいつか誰かの小さな幸せに関われますように。

ひとまず学生時代の大きなイベントがまた1つ終わったので、
残りの時間を大切に過ごしたいと思います!◎


: blog : 08:45 : - :
2014
ブログを書いては消し、書いては消しを繰り返してたら、年があけちゃいました。
伝えたいことを形にするのは難しいです。色々落ち着いたらまとめよう〜

学生生活最後の一年。
小さな幸せを大切にして今年も過ごしていきたいです!
本年もよろしくおねがいします^_^☆


: blog : 17:26 : - :
花束はずるいもの



花束はずるい、と思う。

植物を育てていて思うのは、発芽し、すくすくと成長し、花を咲かすということは大変なのだということです。
よく「土に置いておけば勝手に増えるよ」なんてあまい言葉を信じて放置したら全然生えるとこなく、元の葉っぱやツタがしょぼしょぼとなって終了、なんてことが三度か四度ほどありました。(私の育て方が下手なのかしら)

先日、駅前のお花屋さんの前を通った時に素敵な花束を見つけて、たまには観葉植物だけじゃなくて贅沢にお花をテーブルにでも飾ろうかしらと一瞬考えたのですが、どうせなら花を買うよりもベランダで鉢ごと花が咲くまで育ててあげていっぱい咲いてからそれを切って飾ってあげた方が良いなあと思い買うのをやめました。

その時、ふと花束というものは残酷だなあと思ったのです。花が咲くのは一年に一度の季節な訳で、そんな植物にとって一番輝かしい季節にせっかく咲かせた花を切り取ってしまうことになる。ベランダで毎日水を上げるのはこの私だといっても、あまりにもそれは植物の1年を馬鹿にしているんじゃないかと。

あの駅前のお花屋さんに売られていた小さな花束もわたしの知らないところでが芽を出すところからはじめ、太陽の光をいっぱい浴びてすくすくと育ち、やっと一人前になって花を咲かせ、その瞬間に切り取られてしまったのでしょう。切り取られた後の植物の姿はきっと滑稽に違いない。人間が自分たちの楽しみのために、植物の花咲かすまでの時間、植物の人生を一瞬にして奪ってしまったのだと思うと花束というものが急にずるいものに見えてきてしまい、返りに同じお花屋さんの前を通る時はまったく見ることなく帰ってきてしまいました。

でもよくよく考えると、だからこそ花束はお祝い、愛情、感謝、そういったキーワードと繋がりがあるんですね。
植物の1年で一番美しい瞬間を切り取って、更に綺麗に包装された花束をもらって嬉しくない人はいません。
花束はずるくて、だからこそ特別なもの。

私ももっともっと何かを頑張って、その時にご褒美で小さな花束を自分に買ってあげようと思った瞬間でした。
: blog : 10:25 : - :
意味を考える


「ツレがうつ病になった原因は何か、じゃなくて
ツレがうつ病になった意味は何か、を考える」



最近みた、あおいちゃんと堺さん主演の『ツレがうつになりまして。』の映画ででてきた台詞です。
堺さん演じるツレが、鬱になったときに奥さん役のハルさん(あおいちゃん)が言った台詞なんですが、とっても面白い台詞だと思います。


嫌なことがあったときって
どうして、なんで、とか
あの時こうしておけば…

よくあるのは反省はした。もう次は繰り返さない。でも落ち込んだ気分から中々立ち直れない。

反省、後悔方面の思考になるのは簡単だと思うんです。もちろん同じ失敗を繰り返さないためにも、それは大事なこと。
でもそれだけだと詰まってしまう時ってあります。

そんなとき、
神様が自分に対してこのタイミングでこのような試練を与えたのはどういう意味なんだろうか、
と『自分にとってのアクシデントの意味を』考えてみることはそこから一歩踏み出して立ち直る時のいいキッカケになるかもしれません。

よく考えたら私も今まで、何から立ち直ったときって必ずこの発想をしていたなーと。

さらりとした台詞でしたが、結構ドキッとさせられました。
映画や本の何が良いって、こういう台詞に出会う瞬間ですよね。
: blog : 11:32 : - :
自分の中の『素敵』


大好きなものに囲まれて、
自分の良いと思う暮らしをしよう。
自分の中の『素敵』を大事にしよう。

ぼんやりとしてますが、そんな生き方をしたいなあと思いました。


なんとなく暇だったときに、紙に将来どんなひとになりたいか、どんな暮らしがしたいかをぼんやりと考えながら絵とかキーワードとかつらつら書きだしていたらわたしの場合は、

GREEN,MUSIC,DESIGN,RELAX

でした。(なぜか英語だった)


わたしの中のすきなものたち。
自然、音楽、アート、、
…リラックスってなんだろ(笑)

これらに囲まれた暮らしがしたいです。

時間のあるうちにもっと側にいきたいな、と思ってピアノの楽譜を購入してみました。
楽譜みて練習なんていつぶりかなぁ

伴奏譜というんですかね、
クラシックは小学校あたりまできちんとやっていたのですが気がついたら離れてしまったピアノ。
(もちろん暇なときに触ったりはしてたけどね)

一人で歌いたいときに伴奏がないからしょうがなく弾く
という感じでピアノとしっかり向き合ったことはなかったのですが、弾き語りをきちんとやってみたくてはじめてみました。


興味のあることに時間をたくさん割けるのも今のうち。自分という人間の輪郭が出来上がるのも今のうち。

今までは才能がない、お金がもったいない、とか理由つけて全く近づこうともしてなかったけど、自己満足の世界だし、嫌になったら途中でやめればいい。誰も文句言わないし。

好きなものを好きでいられる環境に感謝して、もっとアンテナはっていこう。
: blog : 20:26 : - :
二泊三日ぶらりソウル
ソウルにいってきました。




可愛くて、きらきらした街。
女の子を虜にする魅力がありますね。





明洞が有名みたいですが、わたしはカロスキルと弘大がとっても好きになりました。

英語が通じなくても、身振り手振りでコミュニケーションってとれるんですね。あたたかい方々に何度も助けてもらいました。

ありがとうソウル*
: blog : 05:58 : - :
ボルダリング


あとちょっとで届きそうなのに届かない、苦しさ、悔しさ
そのギリギリを乗り越えた時の達成感

この壁に人生のいろいろが詰まっている気がする(´-ω-`)


はじめて挑戦したのですが、身体はもちろん、精神鍛えられそうですね。
山登りとか、マラソンもそうなのかな〜

体力さえあればハマりそうです。
: blog : 12:50 : - :