とぴうお

ピアノ弾き語り・ボーカリストのとぴの日記

歌うことと植物とハムスターが大好き。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
TWITTER
LIVE STREAMING
MUSIC
ボーカルカバー


ゲストボーカル
CONTACT
こちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
CATEGORY
ENTRY
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHER


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
就職活動完了。

先日、冬から続けていた就職活動が終わり無事進路が決まりました。



長かったのか短かったのかはよくわかりません。
ただひとつ言えるのはかけがえの無い時間を過ごせたなぁということです。

小さい頃からの自分の行動特性を見て自己を知ったり、
沢山の社会人にお時間を頂いて話を聞きにいったり、
真正面から向き合いすぎて本当に苦しくなった時もあったけれど
(もっと気を抜いてやっても良かったかも知れないと少し思うw)
ずっと憧れていた企業さんから内定を頂くことができました。

就職活動を通じて知ったことは沢山あるけれど、
やはり「人の温かさ」を一番感じました。

お忙しい中時間を割いて入社するかもわからない知らない後輩のために
色々と相談をのって下さる社会人の先輩、
潰れそうになった時に一緒に泣きながらお酒を飲み(笑)
話を聞いてくれた友達、
一人で生きていないし、生きていけないです、私は。
本当にありがとうございました。

「あなたにとっての就職ってなに?」
そんな問いを企業さんに投げかけられた時に私は、
「沢山ある自分を好きになるための手段のうちの1つです。」
と答えていました。

私はあまり人のために動けない人間なんです。
だからいつも助けられてばかりで、助けてあげられてるなって感じることはあまりない。
いつも自分のことでいっぱいいっぱい。

だから仕事や、時には音楽を通じて自信をつけることで余裕のある人間になって、
今まで助けてもらってきた分を誰かに返せるようになりたいです。
そして私もいつか誰かの小さな幸せに関われますように。

ひとまず学生時代の大きなイベントがまた1つ終わったので、
残りの時間を大切に過ごしたいと思います!◎


: blog : 08:45 : - :
2014
ブログを書いては消し、書いては消しを繰り返してたら、年があけちゃいました。
伝えたいことを形にするのは難しいです。色々落ち着いたらまとめよう〜

学生生活最後の一年。
小さな幸せを大切にして今年も過ごしていきたいです!
本年もよろしくおねがいします^_^☆


: blog : 17:26 : - :
花束はずるいもの



花束はずるい、と思う。

植物を育てていて思うのは、発芽し、すくすくと成長し、花を咲かすということは大変なのだということです。
よく「土に置いておけば勝手に増えるよ」なんてあまい言葉を信じて放置したら全然生えるとこなく、元の葉っぱやツタがしょぼしょぼとなって終了、なんてことが三度か四度ほどありました。(私の育て方が下手なのかしら)

先日、駅前のお花屋さんの前を通った時に素敵な花束を見つけて、たまには観葉植物だけじゃなくて贅沢にお花をテーブルにでも飾ろうかしらと一瞬考えたのですが、どうせなら花を買うよりもベランダで鉢ごと花が咲くまで育ててあげていっぱい咲いてからそれを切って飾ってあげた方が良いなあと思い買うのをやめました。

その時、ふと花束というものは残酷だなあと思ったのです。花が咲くのは一年に一度の季節な訳で、そんな植物にとって一番輝かしい季節にせっかく咲かせた花を切り取ってしまうことになる。ベランダで毎日水を上げるのはこの私だといっても、あまりにもそれは植物の1年を馬鹿にしているんじゃないかと。

あの駅前のお花屋さんに売られていた小さな花束もわたしの知らないところでが芽を出すところからはじめ、太陽の光をいっぱい浴びてすくすくと育ち、やっと一人前になって花を咲かせ、その瞬間に切り取られてしまったのでしょう。切り取られた後の植物の姿はきっと滑稽に違いない。人間が自分たちの楽しみのために、植物の花咲かすまでの時間、植物の人生を一瞬にして奪ってしまったのだと思うと花束というものが急にずるいものに見えてきてしまい、返りに同じお花屋さんの前を通る時はまったく見ることなく帰ってきてしまいました。

でもよくよく考えると、だからこそ花束はお祝い、愛情、感謝、そういったキーワードと繋がりがあるんですね。
植物の1年で一番美しい瞬間を切り取って、更に綺麗に包装された花束をもらって嬉しくない人はいません。
花束はずるくて、だからこそ特別なもの。

私ももっともっと何かを頑張って、その時にご褒美で小さな花束を自分に買ってあげようと思った瞬間でした。
: blog : 10:25 : - :